紙袋の賢い活用法について

洋服や雑貨などを購入すると、たくさんのショップの紙袋をもらいます。中には丈夫でおしゃれなものもたくさんあります。捨てるにはもったいないので、ついつい溜めてしまいます。しかし、溜めておくだけでは、もったいないです。色々なことに活用できます。まず、紙袋として活用する場合です。友達にプレゼントする時などに、入れて渡すと便利です。次に、紙袋のもち手の部分を切って、好きな高さになるまで内側に折ります。そうすると、簡単に収納ケースになります。洋服の引き出しの中で活用したり、キッチン用品や文房具などの細かいものを分けて収納するのに、大活躍です。シンプルなものなら、自分でレースやシールを貼ったりして可愛くアレンジすることも出来ます。また、おしゃれなものは、気に入っている柄のところを切り取り、写真フレームに入れます。そうするとおしゃれなインテリア小物に変身します。このよううに、アイデア次第でたくさんの活用法があります。

紙袋に関する価値観の差異

買い物をした時や誰かからプレゼントを貰った時に包装として使われた紙袋は捨てるのが勿体ないと保存しておく人も少なくありません。デザインが良いからまた使える時があると考える人もいますし、ただ便利なのでいつかそのうち使用すると考えて置いておく人もいます。買い物をした時に貰える紙袋は、店のブランドを示す物でもあります。その店で買い物をした人なら誰でも持っていますし、買い物をすれば袋はサービスという場合がほとんどです。一方、プレゼントが入っていた紙袋は、わざわざ購入した物や贈り主がデコレーションなどの工夫を凝らした物もあります。同じ袋の機能を持っていても、再利用しようと思った時に店で無料で貰ったありふれた袋と贈り主の心のこもったプレゼントの一部としての袋を同じように使うかどうかは人によって価値観が分かれるところです。

家にあるもので紙袋を作ろう

誰かにプレゼントをする際に、プレゼントをおしゃれな紙袋に入れて渡すと、非常に喜ばれます。何もラッピングしないで渡すより非常に感じも良いです。しかし、わざわざプレゼントを入れるために購入しなくても、家にあるもので代用できます。例えば、おしゃれな包装紙や英字新聞、折り紙などでも作れます。もち手も、家にあるリボンや麻ひもで良いです。最近は、紙袋の作り方を掲載したサイトも多いです。ぜひ参考にして欲しいです。手作りしたものは、自分の好みの大きさに作れて非常に便利です。また、シンプルなクラフト紙の封筒を活用して作る事も出来ます。おしゃれなマスキングテープを貼ったり、スタンプを押したり、モチーフを付けたりしてオリジナルのものを作れます。手作りの紙袋だけで、充分おしゃれなラッピングになります。ぜひ、家にあるものを活用しておしゃれなラッピングに挑戦して欲しいです。

紙袋、紙箱、ビニール袋のことなら、創業60年ネット販売17年の安心、信頼の私達になんでもお任せ下さい。 印刷入りの不織布バッグが大変お得に購入いただけます。 名入れができるオリジナルの不織布バッグならおまかせください! 50枚からの小ロット対応から数万枚までの大ロットまでしっかりと見積企画提案製造をします。 オーダーメイドで紙袋作るならこちらに